宇都宮酒造株式会社
日本酒雑楽トップ四季桜トップ
 にほんしゅざつがく
006 まろやかな甘味とうま味が特徴の「みりん」少量使えば効果的です
豆辞典 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 日本酒あれこれ 日本酒への疑問? 日本酒を使った料理
料 理 料理001 料理002 料理003 料理004 料理005 料理006 料理007
料理008 料理009 料理010 料理011 料理012 料理013 料理014 料理015


みりんは特有のうま味と香りがあり、まろやかな甘味がつくのが特長ですが、使いすぎると材料を硬く締めてしまいます。

魚の煮つけにみりんを使うのは身くずれ防止のためですし、みりん干しもみりんのこうした性質を利用したものです。

材料のうま味は本来、塩と日本酒で引き出されます。
てりやつやを必要とする甘露煮、蒲焼き、照り焼きなどにはみりんをやや多めに使い、その他の料理には、ちょっと甘味が足りないというときに、みりんをプラスすると効果的です。

アルコールを含んでいるので、長時間煮込む以外は、みりんを火にかけてアルコール分を飛ばした「煮切りみりん」にしてから用います。