宇都宮酒造株式会社
  日本酒雑楽トップ四季桜トップ
 にほんしゅざつがく
仕込み水(しこみみず)
豆辞典 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 日本酒あれこれ 日本酒への疑問? 日本酒を使った料理
さ行 酒 林 酒粕・粕歩合 酸 度 仕込み水 酒造好適米 酒 母 純米酒 醸造アルコール
新 酒 浸 漬 心 白 製造年月 精米歩合 洗 米 速醸もと

仕込み水は、酒母や醪(もろみ)の仕込み時に使用する酒造用水です。

酒の味を左右するのは米と水ですが、日本酒の八割程度を占める水は重要な成分で、各蔵元は酒造りに適した水の出る場所で酒造りを始めました。

水にはカルシウム、マグネシウムの多い硬水と少ない軟水があり、有名な仕込み水として灘の「宮水」(硬水)、伏見の「伏水」(軟水)などがあります。

四季桜蔵の仕込み水は、地下を流れる鬼怒川の伏流水を使用し、硬度は4.0の軟水です。
なお、国税庁所定分析法注解では3以下の水を軟水、3~6を中程度の軟水、6~14を中軽度の硬水、14~20を硬水、20以上を硬度の硬水と分類しています。