宇都宮酒造株式会社
  日本酒雑楽トップ四季桜トップ
 にほんしゅざつがく
麹米(こうじまい)
豆辞典 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 日本酒あれこれ 日本酒への疑問? 日本酒を使った料理
か行 掛 米 活性清酒 枯らし(からし) 燗(かん) 鑑評会 貴醸酒 生もと 協会酵母
吟醸酒 原 酒 麹 米 高精白 酵 母 甑(こしき) 古 酒 五百万石 米 麹

麹米は、麹造りに使う原料米のことです。
麹は、蒸米に麹菌(黄こうじカビ)を育成させたものですが、蒸米のデンプンをブドー糖に変えるアミラーゼという糖化酵素や、米に含まれているタンパク質をアミノ酸に変えるプロテアーゼというタンパク質分解酵素などを大量に生成します。

ほとんどすべてのアルコール飲料の元になる酵母菌は、糖分をアルコールに変えるエネルギーになります。一つの例を挙げればワインですが、ワインはブドーを搾った果汁に有する果糖を酵母菌でアルコール醗酵を行います。

日本酒の原料であるお米の場合はデンプンが主成分で、お米そのものには糖分を有しませんので、このデンプンをアルコール醗酵のもととなるブドー糖に変える為に麹造りを行います。日本酒造りに使用する総白米重量の約20%を麹として使用しますが、昔から日本酒業界では『一・麹、二・酒母、三・造り(醪)』の諺にあるように、麹の出来具合でお酒の味が大きく左右されます。