宇都宮酒造株式会社
  日本酒雑楽トップ四季桜トップ
 にほんしゅざつがく
日本酒ききくらべ【その手順】
豆辞典 あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 日本酒あれこれ 日本酒への疑問? 日本酒を使った料理
日本酒あれこれ 日本酒ききくらべ きき酒大会 「和らぎ水」 日本酒の日 酒造のボス

正式のきき酒は専門の鑑定官にまかせるとして、ここでは、きき猪口を使った一般的なきき酒の手順を解説してみましょう。

まず、きき猪口に酒を7分目ほどいれます。
そして、猪口の底の青い二重マルを目安に、色とテリをみます。
酒は昔からコハク色とされていますが、どちらかというと”青ざえ”といって、青味がかって透き通った光沢のある酒がいいと言われています。
静かに酒をゆり動かす。
こうすると、酒の香りが立ち上がってきますから、この香りをはなで吸い込んで、若いか、老ねて(ひねて)いるか、どんな匂いがまじっているかをききます。この香りを「はな」といいます。
はじめて口に含みます。3~5CCが適当。
舌の全面に拡げ、ころがすようにして味わいます。味の調和はどうか、異味はないか。
またこの時、静かに鼻から息を出し、その香りをかぎます。
これが「ふくみ香」で「はな」の香りと比較します。
最後に吐き出し(または飲み込み)、あと味をみます。さらっとして後口がさわやかなのか、不快な味がのこらないか。