四季桜トップへ戻る
四季桜商品紹介を見る
四季桜の酒米づくりをみる
柳田酒米研究会を見る
酒米・五百万石の栽培を見る
柳田・五百万石の製造経過を見る
現在表示されているページです。
四季桜のトップへ戻る
四季桜は、米づくりへのこだわりから始まります。
 2004/2/12更新
酒粕はモロミを搾る際に出来る副産物ですが、実はこの酒粕には必須アミノ酸やビタミンB類が多く含まれています。
酒の粕と言うよりは、酒の華ともいうべき健康食品なのです。
酒粕は各地で無駄なく食材として利用してきた歴史があります。幾つか利用法をご紹介させて頂きますのでお試しに
なられては如何でしょうか。
また各地での酒粕利用法をお教え頂ければ幸いです。


しもつかれ 野菜の浅漬け 粕   汁 甘酒・酒粕焼き


【材料】
(キュウリ、カブ、大根、人参、など)、
【作り方】
@冷暗所に2〜3ヶ月置いて、練り粕にする。
(茶色がかって軟らかくなる)
A密閉容器に練り粕を入れ、塩をまぜる。(最初のみ)
Bキュウリ、カブ等の好みの野菜に、漬け込む。(野菜の水気をよく拭いて漬けると良い)
早くおいしくなーれ!
C1〜2日漬ける程度で食べられる。漬け過ぎは粕臭くなり過ぎるので注意。風味が無くなるまで練り粕は、上澄みを取り除いて何度でも使用出来る。
なつかしい味です

四季桜商品紹介四季桜の酒米造り柳田酒米研究会酒米・五百万石の栽培柳田の米かもしたて
四季桜Homeこのページのトップへ


(C)Copyright 2002 Shikisakura Sake Cellar Corporation.All rights reserved.